夜明けのゾンビ Exit Humanity

2012年 外国映画 2ツ星 モンスター:ゾンビ 家族 歴史

意図はわかるが、テンポがちょっと

南北戦争直後を舞台にしたゾンビ映画。感染した妻子を殺して生き延びた主人公が、ふたたび生きる希望を見出すまでを描くヒューマンドラマになっている。ゾンビ映画でありながら、世界の終わりじゃないことも珍しい。
ストーリーをいくつかの章に分割したり、コミック調のカットで状況説明するなど、変わった演出もあるが、展開が遅くて疲れた。「ゾンビより醜悪な人間の本性」を描きたいのだろうが、それほどの悲劇には思えず、主人公に共感しづらかった。

ホラー映画ファンにとって、感染した妻子を殺すのは「やむを得ない」ことだ。「多くの人を助けるため妻子を犠牲にしたが、人間は助ける価値がなかった」くらいの切り口がほしいところ。ゾンビの悲劇は語り尽くされているため、この程度じゃ心が動かないや。

関連エントリー

2012年 外国映画 2ツ星 モンスター:ゾンビ 家族 歴史
返校 Detention (PC)

返校 Detention (PC)

Detention
2017年のゲーム ★4

おもしろいけど、難しい。 台湾発のマウスクリック型の探索アドベンチャーゲーム。返校は「学校へ帰る」、Detentionは「拘留」「居残り」といった意味。 モンスターと戦うことはでき (...)

蒼天航路 (全26話)

蒼天航路 (全26話)

Sōten Kōro / Beyond the Heavens,
2009年のアニメ ★2

やっつけアニメ化。 私は原作漫画『蒼天航路』を、モーニング誌上で読んでいた。1994年(23歳)から2005年(34歳)まで11年。全409話で単行本は全36巻。けっこう長い付き合 (...)

ピカレスク 人間失格

ピカレスク 人間失格

Picaresque No Longer Human
2002年の日本映画 ★2

どんな太宰を見せたかったの? 小説『人間失格』の映画化じゃない。太宰の人生に、ピカレスク(悪漢小説)要素は感じない。どんな太宰治を描きたかったのか? 時間はどんどん過ぎていくが、太 (...)

アインシュタインロマン (全8回)

アインシュタインロマン (全8回)

Einstein Roman
1991年の日本ドラマ ★3

「私は神のパズルを解くのが好きだ」 アインシュタインをテーマにしたドキュメンタリー番組。学術的な解説より、アインシュタインの人となり、哲学、後世に与えた影響を詩的に描いている。 『 (...)

愛を読むひと

愛を読むひと

The Reader
2008年の外国映画 ★2

主人公がわからない。 ストーリー 第二次世界大戦後の西ドイツ。少年マイケルは年上の女性ハンナと出会い、恋に落ちる。ハンナはナチスに協力した罪で起訴され、収監された。マイケルは獄中の (...)

津田梅子 お札になった留学生

津田梅子 お札になった留学生

Umeko Tsuda : Osatsu ni natta Ryugakusei
2022年の日本ドラマ ★3

当たり前を作る。 2024年から五千円紙幣の肖像に津田梅子が使用されることを、私はこのドラマのタイトルで知った。いやはや。 梅子は6歳で留学し、17歳で帰国したが、日本政府の対応は (...)

ページ先頭へ