[レビュー2019年12月21日に発表された 

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション Kamen Rider Reiwa: The First Generation

#仮面ライダー ロボット:自律型 戦争 異世界に召還 電脳
更新日:2020年08月29日(土) 11:38 [Edit]

設定が気になって没入できず。

 『ジオウ』と『ゼロワン』の共演映画。タイムジャッカーによる過去改変を、常磐ソウゴと飛電或人が解決するわけだが、『ジオウ』は歴史がリセットされているため、記憶と力を取り戻すところからスタート。アナラーライダーが出現。
 あれれ? オリジナルライダーは消滅ではなく弱体化?
 そもそもなんで或人だけ記憶を保持しているの?
 仮面ライダージオウ・ゼロワンフォームは?
 仮面ライダーゼロワン ライダータイミングジオウは?
 ゼアの打ち上げ成功で未来が変わるってのも釈然としない。

 『ジオウ』は設定をいじりすぎた。後日談として描いてほしいことは山ほどあるが、『ジオウ』の映画じゃないから無理。お祭り映画で設定をつつくのも無粋だが、ヒーローは設定の上に成り立つから無視できない。

 『ゼロワン』サイドはどうか?  本編の仮面ライダーゼロワンは飛電是之助が有事に備えて開発した。劇場版ではヒューマギア其雄が開発したことになっている。どちらも滅亡迅雷.netの活動を予見していない。しかし滅亡迅雷フォースライザーは存在する。うーん。人工知能・アークはだれが作ったんだっけ? テレビシリーズでなにか見落としてるかな。こちらも足場がぐらつく。

 『ジオウ』と『ゼロワン』の世界観、設定に影響するため、頭空っぽで楽しむことはできなかった。『ジオウ』最終回後ではなく、オーマの日の直前あたりにすれば、『ジオウ』をもう一回見直すファンも増えたのではなかろうか。また最終回後にするなら、オーマジオウを出してほしかったね。
 ま、それはそれ。『ゼロワン』本編に戻りましょう。

関連エントリー