[Edit]
[レビュー1975年07月26日に発表された 

宇宙円盤大戦争

The Great Battle of the Flying Saucers

かっこいいぜ、デューク・フリード

3ヶ月後から放送される『UFOロボ グレンダイザー』のパイロット版的な映画。基本的なプロットは同じだが、主役ロボット・ガッタイガーのデザインは、グレンダイザーと大きく異なる。ロボイザーは赤い手足の水兵さんみたいだった。うーん、よくブラッシュアップできたね。

瞳だけでなく、白目も青いテロンナは、かなり不気味。ペットの黒豹が、ブラッキー隊長を襲うのは笑えた。あっけなく死んでしまうのはモッタイナイ。勧善懲悪の正統派ストーリーで、最後は地球を去っていくデューク。かっこいい。

本作を語るには、後継の『グレンダイザー』より、前段の『これがUFOだ!空飛ぶ円盤』の方が必見かな。当時のUFOブームの熱狂がうかがい知れるよ。


Share

Next