[Edit]
[レビュー2004年03月16日に発表された 

テイキング・ライブス

Taking Lives

犯人と捜査官──異常者同士で盛り上がっている

背格好がよく似た人物を殺害して、その人になりかわる異常犯罪者。どうしてそうなったのか、なにを求めているのか? パンくずのように残された死体、不可解な母親、双子の兄の存在、隠し部屋などが、謎を解くカギになると思ったが……肩すかしされてしまう。

一方で、アンジェリーナ・ジョリー演じる捜査官も気になっていた。死体の写真を見ながら食事ができる彼女は、まさにサイコパスではないか。しかしサイコパスは、正常者のフリもできることが判明する。では、彼女の涙や怒りは真実なのか?

おもしろい事件なのに、観客は置いてけぼりにされてしまった。
彼らの心の闇を見せてほしかった。

Share

Next