レビュー  1959年01月29日  に発表された 

眠れる森の美女
Sleeping Beauty

3ツ星

見事な再解釈、輝きは今ひとつ

12人の魔女を3人に減らし、コミカルに演出。王子が産まれながらの許嫁であり、かつ事前に恋に落ちることで、結婚への流れが自然になっている。オリジナルの童話より格段にわかりやすい。
しかし『白雪姫』や『シンデレラ』に比べると、オーロラ姫の魅力は弱い。決して悪い娘じゃないけど、お行儀がよすぎるかな。

 Googleで「眠れる森の美女」を検索する
 Wikipediaで「眠れる森の美女」を検索する
 IMDBで「Sleeping Beauty」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001CFXM3O
思考回廊 レビュー
眠れる森の美女