レビュー  2012年07月02日  に発表された 

超訳百人一首 うた恋い。 (全13話)
Choyaku Hyakunin isshu: Uta Koi

4ツ星

中学生のときに出会いたかった

最初はどうかと思ったが、またたく間に魅了された。気がつけば、「もっと見たい」「もっと見せろ」と中毒になっていた。これまで百人一首がおもしろいなんて、考えもしなかった。このアニメを中学時代に見ていたら、国語や古典の時間が楽しくなっただろうな。ちくじょー。
もちろん、本作がフィクションであることは重々承知している。史実と異なる点も多いだろうが、そんなことは問題じゃない。大切なことは想像すること、感受性を研ぎ澄ますことだ。うかつな話、私は平安時代の恋をリアルに想像できていなかった。

なんだか日本を好きになった。平安の世と現代がつながっている。そして、なんと言うことだろう。恋をしたくなった。いやはや。

 Googleで「超訳百人一首 うた恋い。 」を検索する
 Wikipediaで「超訳百人一首 うた恋い。 」を検索する
 IMDBで「Choyaku Hyakunin isshu: Uta Koi」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B008EYP978
思考回廊 レビュー
超訳百人一首 うた恋い。 (全13話)