Shady Part of Me (PC) Shady Part of Me

2020年 ゲーム 2ツ星 ゲーム:パズル ファンタジー:童話 障害

きれい、ではある。

数年おきに登場する「影を操作するゲーム」。映像は美しいが、ストーリーはよくわからない。センス優先、ロジック軽視。これも、よくあるパターン。

黒髪の少女が自分の影とともに空想世界を冒険する。夢なのか、異次元なのか、判然としない。
少女は光を恐れるため、影がモノを動かして陰を作り、少女を誘導していく。失敗すると一定のポイントまで時間が巻き戻る。ゲームオーバーで暗転するよりスムースで、スタイリッシュ。

パズルの難易度は絶妙で、しばらく考えれば突破できる。しかし折り鶴を回収することで完成するジグソーパズルに抜けがあるため、周回する意欲になる。
全ステージを突破すると、少女は光を受け入れる。少女と影が正常化する。いい雰囲気。どうしてそうなったか説明できないが。

こーゆーゲームにストーリーやロジックは必要ないとわかっているが、「ああ、そうだったのか」と得心したいなぁと思う。

Steam:Shady Part of Me 1,780円(2021/10現在)

影を操作する

関連エントリー

2020年 ゲーム 2ツ星 ゲーム:パズル ファンタジー:童話 障害
Iris.Fall (PC)

Iris.Fall (PC)

Iris.Fall
2018年のゲーム ★2

楽しいのは最初だけ 「影の塔」(2010)や「CONTRAST」(2013)と同じく、影をつかって障害を乗り越えていくゲーム。はじめは2.5Dと思ったが、ちゃんと3D空間だった。モ (...)

ジャケット

ジャケット

The Jacket
2005年の外国映画 ★3

その可能性に気づかないのか あらすじ 1992年、兵士であるジャック・スタークスは、湾岸戦争で頭部を負傷。奇跡的に生き残るが、記憶障害を抱えてしまう。帰国したジャックは、殺人事件の (...)

バタフライ・エフェクト

バタフライ・エフェクト

The Butterfly Effect
2004年の外国映画 ★4

今この瞬間の意味を考えてしまう プロットがわかるまでダルかったけど、わかってからは脳圧が一気に高まり、最後まで興奮して観賞できた。過去へさかのぼるシーンや、新しい現在に目覚めるシー (...)

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本

PACO and The Magical Book
2008年の日本映画 ★1

現実には夢も希望もない コンセプト的には『妖怪大戦争』と同じ。子どもをダシにした芸能人コスプレ大会であり、悲劇性がある分、始末に負えない。派手な映像表現に驚くことはあるが、感動を呼 (...)

Superliminal (PC)

Superliminal (PC)

Superliminal
2019年のゲーム ★3

よくわからんが楽しい。  錯視を使った一人称視点のパズルアドベンチャーゲーム。オブジェクトを手にとって、それを手放す時、周囲との距離からオブジェクトの大きさが変化する。言葉で説明す (...)

Path to Mnemosyne (PC)

Path to Mnemosyne (PC)

Path to Mnemosyne
2018年のゲーム ★2

雰囲気はよい  手書きの2D背景をシームレスに拡大・縮小させることで、奥と手前へ行き来する独特のパズルゲーム。ところどころで横移動できるが、主人公の位置は変わらない。パズルは大した (...)

ページ先頭へ