忠臣蔵外伝 四谷怪談 (深作欣二監督) Loyal 47 Ronin: Yotsuya Ghost Story

1994年 日本映画 1ツ星 幽霊 怪談 文学・古典・童話 時代劇

めちゃくちゃ

深作欣二は『赤穂城断絶』で「忠臣蔵」を撮影しているが、これに納得できず、本作を作ったらしい。「忠臣蔵」と「四谷怪談」は馴染みが深いとはいえ、統合するには工夫がいる。だが驚いたことに、深作欣二はなんの工夫も凝らさなかった。「四谷怪談」を混ぜたのは、「忠臣蔵」を撮るための手段でしかなかった。

伊右衛門は忠義のサムライという設定なのに、いきなり豹変する。伊藤家に取り入って、あまつさえ大石内蔵助の暗殺まで引き受けるが、そこまで立身出世に固執していたように見えない。ちぐはぐだ。お岩が吉良邸の討ち入りに参加するのは噴飯物。念力すごーい♪

悪人の顔が白いとか、黙って琵琶を弾くとか、抽象演出もシラける。役者さんに罪はない。監督の暴走を止められなかったんだろうなぁと、根拠なく想像する。そうとでも思わないと、やってられない。

制作サイドの事情はわからないが、不遇な映画だと思う。

関連エントリー

1994年 日本映画 1ツ星 幽霊 怪談 文学・古典・童話 時代劇
喰女 クイメ

喰女 クイメ

Over Your Dead body (KUIME)
2014年の日本映画 ★2

虚と実が釣り合ってない。 『四谷怪談』の舞台と、役者たちのドラマが並行して描かれる。演じる役と同じ気質をもった役者たちが、現実でも狂気の所業におよんでしまう──というのが基本プロッ (...)

牡丹燈籠 (山本薩夫監督)

牡丹燈籠 (山本薩夫監督)

The Bride from Hades
1968年の日本映画 ★3

ストレートな映画化 新三郎(浪人→旗本)とお露(旗本→遊女)の身分を逆転させ、また新三郎を不自由に描く(寺子屋の先生になれない)ことで、お露への憐れみと共感を生んだのはおもしろい。 (...)

四谷怪談 (豊田四郎監督)

四谷怪談 (豊田四郎監督)

Yotsuya Kaidan - Illusion of Biood
1965年の日本映画 ★4

色悪のあわれを描く 本作の特徴は、貧困から抜けだそうとあがく色悪・伊右衛門をクローズアップしたところ。お岩も伊右衛門を強く憎みながらも、最後は哀れみをかけている。こんな解釈もあった (...)

世にも怪奇な物語

世にも怪奇な物語

Spirits of the Dead | Histoires extraordinaires
1968年の外国映画 ★3

三者三様の解釈 エドガー・アラン・ポーの短編小説、3人の監督が映像化したオムニバス。第2話がもっとも原作に忠実で、第1話は舞台だけ借りて、第3話はなにかも異なっているが、それぞれお (...)

怪談 蛇女

怪談 蛇女

Fear of the Snake Woman
1968年の日本映画 ★2

蛇成分が足りない。 明治初期、傲慢な地主が貧しい一家をいびり殺す。父、母、娘の霊が幻覚を見せて、ひとりずつ破滅させていく。地主一家が滅びると、魂は成仏した。 2022年、YouTu (...)

怪談 / 時代劇 怪談シリーズ (テレビドラマ/全10話)

怪談 / 時代劇 怪談シリーズ (テレビドラマ/全10話)

1972年の日本ドラマ ★3

日本の「怖い」が結集してる 一話完結のオムニバス形式によるテレビ時代劇。有名な古典を翻案したものもあれば、まったくのオリジナル脚本もある。原作があっても、あまり忠実ではない。 恐怖 (...)

ページ先頭へ