雄呂血・おろち(活弁入り)

1925年 日本映画 4ツ星 サイレント映画 チャンバラ 時代劇

日本映画は深いなぁ。

2023年、Gyaoで視聴。冒頭のメッセージに感じ入る。文化は勝手に残らない。人間がつないでいくんだなぁ。

年少の頃から映画の虫であった松田さんは、戦後志を立て、国内に散逸している無声の日本映画の収集に当たられました。
震災、戦災、人災と、不幸な災害を受け続けた日本映画がこんにち断片的にも残存し、保存されているのは、松田さんの執念と、努力おかげです。
フィルムライブラリー協議会 川喜田かしこ

日本に「剣戟ブーム」を起こした記念碑的作品・・・とのことだが、アクションよりドラマに驚いた。
主人公・平三郎は短絡的で、あまり感情移入できないが、それでも転落していく姿はあわれ。最後に良心が少し動いたが、それで運命が変わるわけじゃない。因果応報。当然と言えば当然。しかし運命の歯車が狂わなければ、平三郎もふつうに暮らせていただろう。私たちと、無頼の連中の差は、それほど大きくないのかもしれない。

私は日本映画の歴史に詳しくないが、1925年公開なら黎明期だろう。もっと単純なチャンバラ活劇が喜ばれていただろうと思っていたが、現代人も楽しめるドラマが描かれていたことに驚愕する。日本映画、すごいな。21世紀初頭、日本映画は衰退して久しいが、初心に立ち返って復活してほしいね。

関連エントリー

1925年 日本映画 4ツ星 サイレント映画 チャンバラ 時代劇
奇傑ゾロ(活弁入り)

奇傑ゾロ(活弁入り)

The Mark of Zorro
1920年の外国映画 ★4

おもしろいぞ! 2023年、Gyaoで視聴。怪傑ゾロを主人公とした映画の第1作、らしい。あれこれ比較できるほど「ゾロ」を見てるわけじゃいが、いちばん楽しめた。 先が読めない、コミカ (...)

チャップリンの給料日 (26分)

チャップリンの給料日 (26分)

Pay Day
1922年の外国映画 ★3

これが芸というものか。 短編サイレント映画。チャップリンは建築現場で働いて、給料をもらって、同僚と飲んで、家に帰って、恐妻に全額取り上げられる。それだけなんだけど、普遍性がある。 (...)

第七天国(活弁入り)

第七天国(活弁入り)

7th Heaven
1927年の外国映画 ★4

これぞ映画。 [あらすじ] チコは脳天気な男。下水道掃除者から道路清掃者になれると信じ、屋根裏部屋「第七天国」に住んでいる。チコは神を信じない。あるときチコは、虐待から逃げてきた娘 (...)

不思議の国のアリス (サイレント映画)(8分)

不思議の国のアリス (サイレント映画)(8分)

Alice in Wonderland
1903年の外国映画 ★3

不思議な8分間 『不思議の国のアリス』で最古の映画作品。著作権が失効してるので、動画サイトなどで視聴できる。わずか8分で、白黒で、セリフがなく、撮影技術も拙いが、アリスの映画だとわ (...)

戦艦ポチョムキン

戦艦ポチョムキン

Battleship Potemkin
1925年の外国映画 ★3

「ひとさじのスープのために」 モンタージュ手法を確立した古いサイレント映画。むつかしいことはわからないが、カメラワークはお見事。オデッサの階段シーンが多くの映画関係者を魅了したのも (...)

メトロポリス

メトロポリス

Metropolis
1927年の外国映画 ★4

SF映画の原点にして頂点 2026年(制作年から100年後)──。ゴシック調の摩天楼がそびえ立つ未来都市・メトロポリスは、上層階で華やかに暮らす知識指導者階級と、地下で過酷な労働を (...)

ページ先頭へ