[Edit]
[レビュー2005年04月25日に発表された 

ゾンビ自衛隊

Zombie Self Defense Force

みひろ、いい!

タイトルから推察できるとおり、超B級のゾンビ映画。冒頭の右翼メッセージ、UFOの墜落、ゾンビの発生、サイバー自衛官などはどうでもよくて、見どころはグラビアアイドル役のみひろである。
男には媚びを売り、人気を二分しかねない若い女は強烈に牽制する。極限状況における「かわいいけど馬鹿な女の子」がとるべき行動を、見事に果たしている。みひろの色気はさほどでもないが、彼女のプロフィールが「ご褒美」の説得力を高めている。男を道具としか思っていないことは明らかなのに、あまりにストレートなので、つい彼女のために働きたくなってしまう。恐るべし。

みひろ以外は退屈。サイバー自衛官と英霊の決戦も見るに堪えなかった。みひろを主役にしろとは言わないが、もっと描いてほしかった。

Share

Next