[Edit]
[レビュー2015年02月14日に発表された 

Decay: The Mare (PC)

Decay: The Mare

戦闘がないのはよい

サムは薬物依存を克服するため、「リーチング・ドリームズ(夢の追求)」という施設にやってきたが、雰囲気がおかしいので脱出する。

Decay(減衰)、Mare(雌馬)? タイトルが意味するところはわからない。一人称視点のサバイバルホラーと思っていたが、実際はクリックゲーム。ときどき画面が動くが、ほとんど静止画の連続。モンスターはいるが、戦闘はない。「MYST」っぽい。いい感じ。

しかしゲームは難解だった。なにを、どうすれば先に進めるのかわからず、あっちこっちを徘徊する。目についた記号を入力して、装置が動いたとして、なんの意味があるのか? ちらっと見える影、瞬きする絵や写真、妙な手紙、ビデオテープ。不気味だが、ストーリーを見いだせない。

エピソード、というかステージは3つ。それほどボリュームはないし、なんとなく状況は説明されるが、「そうだったのかっ!」と膝を叩くような達成感はない。いや、単に私がストーリーを把握できてないだけか。謎解きをもうちょいシンプルにしてもらえれば、状況に興味を向けられたかもしれない。



Steam: Decay: The Mare

Share

Next