レビュー  2007年07月05日  に発表された 

ひぐらしのなく頃に解 (第2期・全24話)
When They Cry kai / Higurashi no Naku Koro Ni Kai

4ツ星

圭一の人望にたまげた

平行宇宙と病原体が前提になってしまったので、第1期ほどのインパクトはない。まぁ、第2期は解答編だから仕方がない。むしろ、謎解きでこれだけ楽しませてくれた構成力に驚かされる。

私は「皆殺し編」が気に入った。虐待をつづける叔父から、どうやって沙都子を救出するか。暴力に頼らず、民主的に解決した圭一の手腕は素晴らしい。さすが口先の魔術師。このときの不殺生の努力があればこそ、暴力でしか解決できない「祭囃し編」が生きてくる。

ところで告知によると、第3期もあるらしい。『ひぐらしのなく頃に』から、まだ目が離せない。


 Googleで「ひぐらしのなく頃に解 」を検索する
 Wikipediaで「ひぐらしのなく頃に解 」を検索する
 IMDBで「When They Cry kai / Higurashi no Naku Koro Ni Kai」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000THOX3Y
思考回廊 レビュー
ひぐらしのなく頃に解 (第2期・全24話)