刑事コロンボ #03 構想の死角 Columbo: Murder by the Book

1971年 海外ドラマ 3ツ星 倒叙 刑事・警察 推理

逮捕はできたけど。

ストーリー

ケンとジムは、コンビのベストセラー作家。じっさい書いてるのはジムだけで、コンビ解消したいと言われたため殺害を決意。
ケンはジムを別荘に招いて、事務所にいるよう電話させて射殺。死体を積んで帰宅すると、死体を発見したと通報。マフィアについて調査していたから口封じされたと証言した。

別荘の近所に住むファン・ラサンカ夫人が、ジムを目撃していた。ケンの犯行に気づいたラサンカ夫人は脅迫。やむなくケンはラサンカ夫人を殺害した。

コロンボはジム殺害をあきらめ、ラサンカ夫人殺害を立証する。計画の杜撰さを指摘されたケンは、ジム殺害のアイデアは自分が考えたものだと白状した。
(おわり)

本作のキモは、才能がないと言われたケンが秀逸なトリックを考案していたことだが、コロンボは気づいていたのだろうか? 自白が唐突に見えるのは惜しい。

捜査開始直後、コロンボはジムの妻にオムレツをふるまう。親切心ではなく、妻を疑っているわけだが、セリフの説明がないところがカッコイイ。ジムに興味をもつと、妻はまったく相手にしなくなる。

ラサンカ夫人は強烈。会うたび殺意がわくタイプだね。

関連エントリー

1971年 海外ドラマ 3ツ星 倒叙 刑事・警察 推理
刑事コロンボ #04 指輪の爪あと

刑事コロンボ #04 指輪の爪あと

Columbo: Death Lends a Hand
1973年の海外ドラマ ★5

コロンボのさりげない調査、誘導。 シリーズ初期の傑作。犯人は探偵社の社長。成功者だが悪辣であり、コロンボを見下していたが、傲慢と短気によって破滅していく。痛快だ。コロンボのフォーマ (...)

刑事コロンボ #02 死者の身代金

刑事コロンボ #02 死者の身代金

Columbo: Ransom for a Dead Man
1971年の海外ドラマ ★4

少しずつ見てくる動機と人間性。 ストーリー 犯人は美人弁護士レスリー。夫を殺害後、録音・編集された声を使って誘拐事件に見せかけた。身代金をせしめ、夫殺害時のアリバイも得た。 前妻の (...)

刑事コロンボ #45 策謀の結末

刑事コロンボ #45 策謀の結末

Columbo: The Conspirators
1979年の海外ドラマ ★3

「ここまで。ここを過ぎず...」 あらすじ ジョー・デヴリンは有名な詩人。裏では過激派(アイルランド革命派)に武器を密輸していた。仲買人が金を横領していたため射殺。現場に自分のサイ (...)

刑事コロンボ #01 殺人処方箋

刑事コロンボ #01 殺人処方箋

Columbo: Prescription : Murder
1968年の海外ドラマ ★4

コロンボが若い、パリッとしてる。 本作は2018年、【ゆっくり文庫】で動画化している。 思ったことはだいたい編集後記に書いてある。 【ゆっくり文庫】刑事コロンボ「殺人処方箋」(1/ (...)

刑事コロンボ #44 攻撃命令

刑事コロンボ #44 攻撃命令

Columbo: How to Dial a Murder
1978年の海外ドラマ ★2

難事件ではない。 犯人の計画はずさんで、たやすく立証されてしまう。しかしそのことをコロンボが指摘したのは白眉。いつも難事件ってわけじゃない。 序盤は低姿勢だったコロンボが、クライマ (...)

刑事コロンボ #19 別れのワイン

刑事コロンボ #19 別れのワイン

Columbo: Any Old Port in a Storm
1973年の海外ドラマ ★4

「刑務所は結婚より自由かもしれませんな」 あらすじ ワイン醸造会社経営者のエイドリアンは、ワインに生涯を捧げてきた。しかし工場の権利を持つ弟リックが、エイドリアンが軽蔑する大手酒造 (...)

ページ先頭へ