ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密 Knives Out

2019年 外国映画 3ツ星 サスペンス 倒叙 探偵 推理 犯罪

ドラマがほしい。

珍しい構成のミステリー。真相も意外だったし、破綻もない。テンポよく、最後まで飽きさせない。でも、なんとなく物足りない。ドラマ要素が乏しかったためだろう。

ストーリー

資産家のハーラン・スロンビーが自殺した。ハーランの子どもたちはダメ人間ばかりで、ハーランは決別をほのめかしていた。一族全員がハーランの死を望んでいたが、遺体の様子はまちがいなく自殺だった。自殺に見せかけた他殺は考えにくい。

何者かが名探偵ブノワ・ブランに調査を依頼していた。新聞の切り抜きが同封されていたことから、自殺したハーランの手配ではない。ハーランが自殺として処理されるとこ困る人間がいるようだが、なにか知っているなら警察に話せばいい。だれが、なぜブランを雇ったのか?


事件の夜、看護師マルタ・カブレラは誤ってハーランに毒を注射してしまった。ハーランはマルタが罪に問われないよう、トリックを駆使して自殺した。マルタは嘘をつくと吐いてしまう体質だったが、ハーランの知恵によってアリバイが成立し、容疑をかけられなかった。

遺言が公開され、ハーランの遺産はすべてマルタが相続することになった。一族はあの手この手でお金を取り上げようとするが、万策尽きて、すり寄ってきた。親友だったメグとの関係も崩れた。
マルタはハーランの遺志に従い、遺産を相続すると決意。自分に殺害容疑がかからぬよう、証拠を隠蔽した


ハーランの孫・ランサムがマルタに接近する。嘘をつけないマルタはすべてを話す。ランサムはマルタを支援する代わりに、遺産のおこぼれがほしいと言ってきた。
翌日、マルタに脅迫状が届く。家政婦フランが「マルタがハーランを殺した証拠」をもっているようだ。指定された場所へ行くと、家政婦フランが毒を飲まされていた。マルタはフランを救助し、警察に自首する。


マルタの証言で事件は解決したかに見えたが、いくつか謎が残った。

・だれが解毒剤を隠したのか?
・どうして犬が吠えたのか?
・だれがブランを雇ったのか?
・だれが家政婦フランに毒を注射したのか?

名探偵ブランは真相を喝破した。
悪人はランサム。ハーランの遺言内容を知ったランサムは、マルタにハーランを毒殺させる計略をめぐらす。マルタがハーランを殺した場合、遺言は無効になるからだ(故殺免責)。
ところがハーランは自殺と処理され、マルタの医療過誤は隠蔽されてしまった。ランサムは探偵ブランを雇った。

家政婦フランからランサムに脅迫状が届く。フランはランサムが薬を取り開けるところを目撃し、かつ検死報告を入手していた。すなわちマルタが殺害した証拠があった。ランサムは脅迫状を細工して、マルタに転送。フランを毒殺して、その罪をマルタに着せようとした。

ランサムはマルタから真相を聞いた。「薬をまちがえた」ということは正しい薬を使ったことになる。計略は失敗した。ランサムはマルタを自白させ、遺産をもらおうと画策した。

フランがもっていた証拠は、マルタが薬を取り違えていないと示すものだった。ランサムはフラン殺害の罪で逮捕され、マルタの潔白は証明された。

遺産を相続したマルタは、あらためて一族と向き合うことになる。
(おわり)

30分で真相(マルタ視点)が明かされたのは驚き。60分で遺言公開。事件の全容が見えた。ここからマルタ視点になり、探偵の追求をかわすサスペンスになる。マルタは「自分がわからない謎」に無頓着だったため、ミステリー要素が希薄になってしまった。
たとえばこんなモノローグがあるとよかったかも。

おじいちゃんには申し訳ないけど、ミスを隠して生きてゆけない。遺産はいらないから、警察にすべて話そう。

でもちょっと待って。だれが探偵ブランを雇ったの?

ブランを雇った人物をXとする。Xの目的は、おじいちゃんの死が私の医療過誤であると証明すること。とすれば、薬の取り違えを知っていたことになる。
おじいちゃんはXじゃない。なにかを手配する時間はなかったし、自殺した決意に反する。
家政婦フランもXじゃない。脅迫するだけの証拠をもっているから。またフランを雇うお金も用意できない。

私の医療過誤と証明されれば、遺言は無効となり、一族が遺産を相続する。しかしブランが雇われたのは遺言が公開される前。遺言書は封じられていた。

Xは、おじいちゃんが死ぬ前に、遺言書の中身を知っていた人物?

ここまで頭がいいとキャラクターが崩れてしまうか。
映画を見ながら「なにが謎か?」を整理するのは大変だ。

ちなみに私は、ハーランが犯人と推理していた。ハーランは薬瓶を入れ替え、わざとマルタに毒を注射させた。予定された自殺だから、探偵ブランへの手配も済んでいた。しかし意図がわからない。ハーランはだれに、なにをさせたいのか? などと考えていたが、外れた。

最後に探偵ブランが一気呵成に謎を解くが、ブランの人物像がよく見えないため、「へー」としか思えない。マルタとブランの交流があればだいぶちがっただろう。

なにが変わったか?

マルタはゲームに勝ったのか? この事件は彼女の人生をどう変えたのか?
ハーランは子どもたちの自立を願っていたが、お金を取り上げる以外の計画はなかったのか?
メグとの友情は崩れたのに、まったく平気なの?
スロンビーの一族はハーランの強い遺志をどう受け止めたのか?

事件を通じた変化・成長を見たかった。
マルタに「遺産を使ってやりたいこと」や「欲望」があれば、ひとつひとつの行動の意味が変わっただろう。せめてランサムに恋していれば、「男を見る目」が成長できたのに。

いろいろ文句を言ってるけど、おもしろかった。

関連エントリー

2019年 外国映画 3ツ星 サスペンス 倒叙 探偵 推理 犯罪
プラスティック・ナイトメア/仮面の情事

プラスティック・ナイトメア/仮面の情事

Shattered
1991年の外国映画 ★2

いろいろ粗いが、たまにはヨシ。 ストーリー 車の転落事故で顔と記憶を失った男。自分は富豪のダン・メリックだった。退院したダンは、妻ジュディスが浮気していると気づき、探偵ガスに調査を (...)

この子の七つのお祝いに

この子の七つのお祝いに

Kono ko no nanatsu no oiwai ni
1982年の日本映画 ★2

想像とちがった。 ストーリー ルポライターの母田耕一(杉浦直樹)は、政財界に大きな影響力をもつ占い師・青蛾(辺見マリ)の正体を調べていた。情報提供してくれる娘が惨殺されてしまったが (...)

裏窓

裏窓

Rear Window
1954年の外国映画 ★5

気がつけばそこに。 足を骨折したジェフは、退屈しのぎに裏窓から住人たちの生活を覗き見していた。その一室で、夫婦喧嘩をしていた妻が姿を消す。ジェフは殺人事件があったと直感。警察に通報 (...)

サイコ

サイコ

Psycho
1960年の外国映画 ★4

とにかくハラハラする  私は一人称視点が好きで、あっちこっちの出来事を俯瞰する映画やアニメは好きじゃない。しかし本作は別格。ストーリーを書き出せば大したことないんだけど、見せ方がう (...)

アルカディア

アルカディア

The Endless
2017年の外国映画 ★4

油断すると納得してしまう怖さ。 ストーリー 過保護な兄と、優柔不断な弟。ふたりは10年前、自給自足のカルト集団「アルカディア」から逃げ出していた。しかし社会に馴染めず、記憶があいま (...)

アニー・イン・ザ・ターミナル

アニー・イン・ザ・ターミナル

Terminal
2018年の外国映画 ★2

「無秩序になるチャンス!」 終着駅の24時間営業の喫茶店を舞台にしたコメディ。殺し屋コンビ、余命宣告を受けた教師、挙動不審な駅員を、素性不明の美人ウェイトレスがもてなす。時系列がシ (...)

ページ先頭へ