[レビュー2010年03月25日に発表された 

サイレントヒル シャッタードメモリーズ (Wii) SILENT HILL -SHATTERED MEMORIES-

#SILENT HILL カルト モンスター 狂気
更新日:2016年06月27日(月) 12:08 [Edit]

リメイクじゃなかった

傑作の第1作を最新技術で作り直したもの、と思っていたが、まったく異なるものだった。裏世界が裏世界でなく、教団も出てこない。「サイレントヒル」シリーズと言えるだろうか。

単発オリジナル作品として見ても、おもしろくない。「敵を倒せない」「ひたすら逃げるだけ」と言うコンセプトはいいけど、ゲーム的なおもしろさがない。敵を足止めしたり、回数制限の突破アイテムがほしいところだ。Wiiリモコンの操作がさらにストレスを高める。あぁ、もう、面倒くさい!

ストーリーも弱い。気絶による場面展開によって整合性は著しく損なわれている。また見たくもない中年セックスに萎えた。カウンセリングの内容がゲームに影響するのはおもしろい(心理テストの絵がゲーム内に反映されるなど)。しかし影響の度合いが低すぎて、因果関係がよく見えない。ラストは驚いたが、驚いただけで「なるほど!」と興奮することもなかった。

ただ、UFOエンドのシェリルはサイレントヒル史上もっともかわいかった。

サイレントヒル
日本制作
海外制作
映画
妄想リメイク

関連エントリー