レビュー  2011年10月03日  に発表された 

ウォーキング・デッド ウェビソード 「引き裂かれた家族」(全6話)
The Walking Dead Webisodes: Torn Apart

3ツ星

時系列シャッフルによる混乱描写

ネット限定エピソード(Webisodes)の第1弾。アウトブレイク直後の市街地を描いている。出来事としては、よくあるゾンビ映画の序盤と変わらない。リックがもう少し早く目覚めていたら、この混乱を駆け抜けていたんだろうな。
時系列のシャッフルによって、うまい具合に混乱する。どこで銃を手に入れたか、あと何発残っているか。アウトブレイクの混乱と重なって、緊張感が高まる。ふつうに描いていたら、漫然と見てしまっただろう。

またラストがシーズン1で印象的だったアレにつながるのも見事。ゾンビは群体であり、個々の素性など気にしないが、そうしたところにもスポットライトを当てるのがウォーキング・デッドの魅力と言える。ふと、アトランタで内臓を提供してくれた死体を思い出した。
ありきたりの内容を上手に調理している。ショートムービーとは思えぬクオリティだった。


 Googleで「ウォーキング・デッド ウェビソード 「引き裂かれた家族」」を検索する
 Wikipediaで「ウォーキング・デッド ウェビソード 「引き裂かれた家族」」を検索する
 IMDBで「The Walking Dead Webisodes: Torn Apart」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B005M339L2
思考回廊 レビュー
ウォーキング・デッド ウェビソード 「引き裂かれた家族」(全6話)