ゆりかごを揺らす手 THE HAND THAT ROCKS THE CRADLE

1992年 外国映画 3ツ星 ★妄想リメイク サスペンス 主人公は犯罪者 犯罪

ペートンの目的はなんだったのか?

夫と子を亡くし、財産も奪われたペートンが、クレアを逆恨みしていることは冒頭に描かれる。だから興味は、クレアがいつ気づくかに向けられる。愚かなクレアはペートンを信じ切り、大切な人を次々に遠ざけてしまう。やがてクレアは真相に気づき、ぺートンをやっつる。あっけない。こんなストレートな映画だとは思わなかった。

ペートンが悪人だったとしても、一時は信頼した相手であろう。しかもペートンの怒りにも同情の余地がある。それを手にかけて平気なクレアの神経が信じられない。主婦としてやるべき仕事を使用人とベビーシッターに任せるようなアッパーミドルの階級意識では、「異物は排除」で当たり前なのか。どうにも釈然としない。

ぺートンはなぜ乳母としてクレアに近づいたのか? セレブで初産だったぺートンに、乳母の知識があっとは思えない。復讐のため勉強するにしても、クレアがベビーシッターを雇うとはかぎらない。そのへんの事情は明かされないが、クレアに対する強い執着が感じられる。その終着点が物理的な殴りこみだったのはがっかりだ。

ゆりかごを揺らす手は世界を支配する
The hand that rocks the cradles rules the world.

ぺートンの手は、世界を支配できなかったね。

妄想リメイク

いろいろ思うところがあったので、自分が見たかったストーリーを書き出してみた。それほど長くないので、ぜひ読んでほしい。

関連エントリー

1992年 外国映画 3ツ星 ★妄想リメイク サスペンス 主人公は犯罪者 犯罪
ダイヤルMを廻せ!

ダイヤルMを廻せ!

Dial M for Murder
1954年の外国映画 ★5

傍観者から当事者へ 妻の殺人計画が、そのとおり実行できるか見届ける。もちろんアクシデントは起こるが、計画はたやすく崩れない。なにがどう影響するかわからず、ハラハラする。 後半は妻視 (...)

ロープ

ロープ

Rope
1948年の外国映画 ★4

ヒッチコックはおもしろい 全編をワンシーンでつなげ、劇中と現実の時間を感染にシンクロさせた異色作。回想シーンが挿入されるべきところも、カメラアングルだけで再現する。お見事。あたかも (...)

この子の七つのお祝いに

この子の七つのお祝いに

Kono ko no nanatsu no oiwai ni
1982年の日本映画 ★2

想像とちがった。 ストーリー ルポライターの母田耕一(杉浦直樹)は、政財界に大きな影響力をもつ占い師・青蛾(辺見マリ)の正体を調べていた。情報提供してくれる娘が惨殺されてしまったが (...)

プラスティック・ナイトメア/仮面の情事

プラスティック・ナイトメア/仮面の情事

Shattered
1991年の外国映画 ★2

いろいろ粗いが、たまにはヨシ。 ストーリー 車の転落事故で、顔と記憶を失った男。自分は富豪のダン・メリックらしい。退院したダンは、妻ジュディスが浮気していると気づき、探偵ガスに調査 (...)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

Knives Out
2019年の外国映画 ★3

ドラマがほしい。 珍しい構成のミステリー。真相も意外だったし、破綻もない。テンポよく、最後まで飽きさせない。でも、なんとなく物足りない。ドラマ要素が乏しかったためだろう。 ストーリ (...)

カリガリ博士

カリガリ博士

Das Cabinet des Dr. Caligari.
1920年の外国映画 ★4

あんがい気づかない異常さ。 フランシスはみずからが体験した恐ろしい出来事を述懐する。 フランシスと友人アランは、村にやってきたカーニバルでカリガリ博士とその下僕・チェザーレの見世物 (...)

ページ先頭へ