[Edit]
[レビュー2005年06月18日に発表された 

楳図かずお恐怖劇場 蟲たちの家

Kazuo Umezu's Horror Theater: HOUSE OF BUG

めくるめく変身の世界

あらすじ

蓮司は自分に好意を寄せる後輩・羽奈子に、妻(留以子)の様子がおかしいことを打ち明ける。それが自分の妄想かどうか確かめてもらうため、蓮司は羽奈子を家に連れて行く。
一方、留以子は従兄弟の直也に、夫(蓮司)の暴力について相談していた。

猜疑心の強い夫と、嗜虐心をあおる妻。なにか怪異があるのか、ないのか。家に着いたとき、なにが起こるのか。ワクワクしながら見て、意表を突かれ、さらにひっくり返された。見事なストーリーテリングだ。おもしろかった。カフカの『変身』からこれほどのイマジネーションをふくらませるとは思わなかった。

良作に出会うと、足りないところが目につく。ここがこうだったらよかったのに。そう思えることが良作の証しかもしれない。


Share

Next