レビュー  2004年02月18日  に発表された 

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち
Les Riveres Pourpres 2 Les Anges De L'Apocalypse

1ツ星

「この薬、めちゃめちゃ効きますね!」

これほど支離滅裂な映画も珍しい。思わせぶりなキャラが、思わせぶりな行動をしても、事件の本筋とはなんの関係もない。伏線なしの超展開、根拠なしの強行突破、推理なしのタネ明かし...。いちいち指摘する気にもなれないが、気がつけば最後まで見てるのだから、秀逸な脚本かもね。

個人的には、ストーリーよりカメラワークがつらかった。片時も固定されないので、気持ち悪くなってしまった。どうでもいいシーンに尺を費やすセンスもわからない。マジノ線が描かれたことや、ジャン・レノが薬物マニアという設定はおもしろかった。


 Googleで「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち」を検索する
 Wikipediaで「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち」を検索する
 IMDBで「Les Riveres Pourpres 2 Les Anges De L'Apocalypse」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00069BPCW
思考回廊 レビュー
クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち