ティンカー・ベルと流れ星の伝説 Tinker Bell and the Legend of the NeverBeast

2014年 外国映画 3ツ星 #ピーター・パン ★妄想リメイク ファンタジー:童話 @ディズニー

試される妖精たち

あらすじ

ある日、ピクシー・ホロウの空に緑に輝く彗星が流れた。その後、森から大きな怪獣が目覚める。フォーンは怪獣を「グラフ」と名づけ、観察し、打ち解けていく。しかし護りの妖精ニックスはグラフを危険な存在とみなし、捉えようとする。
ニックスは古い資料をあさって、グラフそっくりの怪獣がピクシー・ホロウを焼きつくすという言い伝えを見つける。決定的な証拠に、フォーンもグラフを守りきれなくなる。

しかし実際は逆で、グラフはピクシー・ホロウを救う怪獣だった。グラフはふたたび千年の眠りに就き、ニックはまちがいを認めて詫びた。

シリーズ第7作。本作の主人公はフォーンで、ティンクはその他大勢に溶け込んでいる。特別な援助やアドバイスもない。これじゃスピンオフだ。ティンクを中心から外すことでシリーズを長寿化するつもりかと思ったが、じつはシリーズ最終作だった。だったらティンクの物語を見たかった。
CGはまた少し進化したが、以前より愛らしさが失われた気がする。不気味の谷を巧妙にかわしても、技術が進化するとふたたび吸い寄せられるようだ。CG映画は難しい。しかし映像が気になるのは技術のせいじゃなくて、ストーリーに奥行きが足りないためだろう。なのでちょっと妄想してみた。

妄想リメイク

妖精たちは歴史の授業を受けるが、とても退屈。ティンカー・ベル(もの作りの妖精)が熱心に勉強していることに、ロゼッタ(植物の妖精)、イリデッサ(光の妖精)、シルバーミスト(水の妖精)、フォーン(動物の妖精)、ヴィディア(高速飛行の妖精)は驚く。
その日の夜、ピクシー・ホロウの空に緑に輝く彗星が流れ、森から大きな怪獣が目覚めた。フォーンは怪獣を「グラフ」と名づけ、観察し、打ち解けていく。しかしニックス(護りの妖精)はグラフを危険な存在とみなし、捉えようとする。ニックスは古い資料をあさって、グラフがピクシー・ホロウを焼き尽くすネバービーストと突き止める。決定的な証拠を出され、フォーンはグラフを差し出す。

腑に落ちないティンカー・ベルは、長老の家を訪ねて質問する。実際は逆で、ネバービーストは千年に一度の厄災(雷の嵐)からピクシー・ホロウを守る存在だった。ニックが石の塔(避雷針)を崩してしまったため、ロゼッタ(植物の妖精)、イリデッサ(光の妖精)、シルバーミスト(水の妖精)が大きな木を育てて代わりとする。ヴィディアが連絡し、フォーンがネバービーストに伝える。みんなが力を合わせたことで厄災を防ぐことができた。
ネバービーストは力尽き、ふたたび眠りに就いた。ニックは誤った判断を侘び、フォーンは信じきれなかった自分を責めた。ティンカー・ベルは、千年後のために記録を残しましょうと提案。ネバービーストが眠る岩場に、壁画を描いた。

妖精たちは学び、鍛え、働いている。より素敵になるために。

なんてのはどうかな?

ピーター・パン
ディズニー
映像作品
ティンカー・ベル

関連エントリー

2014年 外国映画 3ツ星 #ピーター・パン ★妄想リメイク ファンタジー:童話 @ディズニー
ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船

ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船

The Pirate Fairy
2014年の外国映画 ★3

踏み込みが浅い シリーズ5作目。グラフィックが向上し、ちょっぴり不気味の谷に近づいた。奇妙な話だが、実在する女優が歳をとって容貌が変わったようだ。 ストーリーは浅い。才能の取り替え (...)

ティンカー・ベルと輝く羽の秘密

ティンカー・ベルと輝く羽の秘密

Secret of the Wings | Tinker Bell and the Mysterious Winter Woods
2012年の外国映画 ★4

幸せの国へ シリーズ4作目で、季節は冬。ティンカー・ベルは双子の姉妹にあたるペリウィンクルと出会う。この時点で姉妹の対立や決別といった展開を期待してしまう自分は、魂が淀んでいるかも (...)

ピーター・パン2 ネバーランドの秘密

ピーター・パン2 ネバーランドの秘密

Return to Never Land
2002年の外国映画 ★4

子ども向けになったピーターパン 47年後に制作された続編。第2次世界大戦中のイギリスという舞台設定が秀逸だ。陰鬱な時代にあっても、母親ウェンディはどこか浮世離れしている。一方、娘の (...)

ピーター・パン (ブエナ・ビスタ版)

ピーター・パン (ブエナ・ビスタ版)

Peter Pan
1953年の外国映画 ★5

なぜウェンディはピーターを捨てたのか? 世界中の子どもたちに愛されてきた夢と冒険の物語。ディズニーのアレンジでは勧善懲悪が前面に押し出されているそうだが、どうしてどうして、童話特有 (...)

ティンカー・ベルと妖精の家

ティンカー・ベルと妖精の家

Tinker Bell and the Great Fairy Rescue
2010年の外国映画 ★4

よくある話をおもしろく! 『ティンカー・ベル』シリーズ3作目。妖精たちと人間の少女・リジーが出会い、恐れ、困惑し、親しみ、危機があって、協力して乗り越える。きわめてオーソドックスに (...)

ティンカー・ベルと月の石

ティンカー・ベルと月の石

Tinker Bell and the Lost Treasure
2009年の外国映画 ★3

突っ込むか、受け入れるか 『ティンカー・ベル』シリーズ2作目。いかにして月の石を復元するか? あれこれ予想を立てたけど、意表を突いた解決策に驚き、感心した。 ティンクは自分勝手で、 (...)

ページ先頭へ