[Edit]
[レビュー1991年12月23日に発表された 

釣りバカ日誌 4

Tsuribaka Nisshi 4

こんなんでいいんだ

いい歳した大人が右往左往するのは情けないかぎりだが、「あぁ、こんなんでいいんだ」という安心感がある。ハマちゃんは出世欲がないだけで、仕事はできる。周囲もそれがわかっている。マネできる個性じゃない。ハマちゃんは現代社会のヒーローと言えるかもしれない。

佐野量子がかわいい。こんな娘が釣り舟屋にいたら、速攻で売れちゃうだろうと思ったら、やっぱり売れちゃった。展開は当初の予想よりドラマチック。八郎とのプロレスもいいが、スーさんの激昂も強烈。いいね。このくらい熱いエピソードがなくちゃ、ほかの客が納得しない。
「なれそめ」って大事だなぁって思った。


Share

Next