レビュー  1991年10月18日  に発表された 

横山光輝 アニメ三国志 (全47話)
Yokoyama Mitsuteru Sangokushi

2ツ星

アニメならではの魅力に欠けた

原作に忠実だが、それゆえ面白みに欠けた。見どころは、光輪のセイジ(中村大樹)が劉備玄徳を演じていたことくらい。あと、歌はかっこよかった。

全47話で描かれたのは赤壁の戦いまで。たっぷり時間をかけたわりに中途半端な気がする。果たしてアニメスペシャル『三国志(1985)』の2時間に勝てたかどうか。
結局、横山光輝の原作漫画が好きな人は原作漫画を読むわけで、+アルファなしのアニメ化は無理があった。


 Googleで「横山光輝 アニメ三国志 」を検索する
 Wikipediaで「横山光輝 アニメ三国志 」を検索する
 IMDBで「Yokoyama Mitsuteru Sangokushi」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0000CD7LH
思考回廊 レビュー
横山光輝 アニメ三国志 (全47話)