レビュー  1990年09月24日  に発表された 

プレデター2
Predator 2

3ツ星

続編なんだからさ

舞台をジャングルから都会に、主人公をマッチョから中年警部補に変更したアイデアは素晴らしいが、脚本が駄目だった。人間サイド、とりわけ主人公が賢くないので、さっぱり共感できない。

そりゃ、都会に見えない宇宙人が現れたら混乱するだろう。冷静に対処できないのも無理はない。しかし本作は続編である。観客はプレデターがどういうものか知っている。前作で軍人たちが肉体を駆使して伍する戦いをしたのだから、続編は中年警部が知恵と組織力で対抗してほしかった。

結局、わけがわからないまま映画は終わる。ただ、プレデターが生粋の狩猟民族であることが強調され、さらなる続編を作れそうだなと思った。
それからプレデターの演技が笑えた。宇宙人もちゃんとドアから出ていくんだね。


 Googleで「プレデター2」を検索する
 Wikipediaで「プレデター2」を検索する
 IMDBで「Predator 2」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0007WZTQG
思考回廊 レビュー
プレデター2