レビュー  2013年02月14日  に発表された 

デッドスペース 3 (Xbox360)
Dead Space 3

3ツ星

ホラーからアクションへ

あらすじ

タイタンステーションの惨劇(Dead Space 2)から数ヶ月後。アイザック・クラークはある惑星でひとり落ちぶれた生活を送っていた。いま銀河ではエネルギー供給という名目で多数のマーカーが建造されている。マーカーがもたらす厄災を知るアイザックは世界の終わりを予感したが、どうすることもできなかった。
ある日、アパートに2名の兵士(ジョン・カーヴァーとロバート・ノートン)が押し込み、アイザックを拘束した。彼らの目的はマーカーを封じることだった。協力したエリーも現在は連絡が取れないと言う。アイザックはエリーを救うため、彼らの作戦に参加する。

『Dead Space』(2008)、『Dead Space 2』(2011)はホラーだったが、本作はホラーアクション、あるいはミリタリーアクションに大きく傾いている。宇宙船のどこに怪物が潜んでいるかわからない緊張感は薄れ、押し寄せる敵の大群をいかに駆逐するかが問われる。2と同じくアイザックの顔がよく見えるので、映画のキャラクターを操作している感覚が強い。ストーリーも平均的なアクション映画のフォーマットに沿っている。いささか安直な感じもするが、ゲームのストーリーとしては必要十分だ。

映像の迫力はさらに増した。ステージも趣向が凝らされている。協力プレイも楽しめる。というより、協力プレイの方がこのゲームの主体かもしれない。もう孤独な戦いじゃないのだ。シリーズも本数を重ねれば、さまざまな謎が明かされ、1作目の緊張感は失われていく。『バイオハザード』シリーズもそうだ。ホラー大好きな私としては物足りなさはあるが、本作はゲームなので、繰り返し遊べることに特化するのは正解だろう。『4』への期待感もあるしね。


 Googleで「デッドスペース 3 」を検索する
 Wikipediaで「デッドスペース 3 」を検索する
 IMDBで「Dead Space 3」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00AFR3A3C
思考回廊 レビュー
デッドスペース 3 (Xbox360)