5ツ星

早くそいつを宇宙に放り出せ!

この映画を絶賛するのに、今さら加える言葉もない。なので個人的なメモを少々。
初めて見たときは、宇宙戦艦ではなく宇宙貨物船であることに驚いた。当時、宇宙といえばバトルフィールドだったからね。いま見返すと、ピコピコ光る船内装備に時代を感じる。シガーニー・ウィーバーも若い。強い女のイメージがないから、初々しい。そしてエイリアンは怖いね。映像に古さはあっても、恐怖は色あせていなかった。

繰り返し見ているうちに、あれこれ考える余裕が出てきた。宇宙船は密室だが、裏を返せば異物を外に排除すれば勝てるわけだ。これがもし月面だったら、エイリアンを船外に追い出してもまた戻ってくるかもしれない。あるいは冒頭のエイリアンの母船に貨物船が座礁していたら、どうにもならなかった。

といった妄想をしたのは私だけではないらしく、似たような路線の映画がたくさん作られた。
つまりそれだけ革新的な映画だったのだ。


 Googleで「エイリアン」を検索する
 Wikipediaで「エイリアン」を検索する
 IMDBで「Alien」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000A0K5AA
思考回廊 レビュー
エイリアン