レビュー  2012年05月12日  に発表された 

貞子 3D
Sadako 3D

2ツ星

「世の中、みんな作りものだから」

いやぁ、ひどいね。リング・シリーズとして見るべき点はまったくない。ホラーですらない。なぜ3Dなのか。3Dで貞子なら客がバンバン入ると思ったのか。あの大々的な宣伝は、いい映画を知らせるためではなく、あほな映画にあほな客を呼び込むための仕掛けだった。安易な発想と効果に恐怖するよ。

キャストは悪くない。霊能教師の茜(石原さとみ)の絶叫はよく通る。茜の恋人は仮面ライダーキバで、不自然なほど理解力があるが、貞子の前では無力だった。新生・貞子は16歳の橋本愛ちゃん。かわいい。
前半(探索パート)は退屈だが、後半(アクションパートは)おもしろかった。珍妙なモンスターが襲ってくるシーンは腹を抱えて笑った。いいね、いいね! どうやら制作サイドは、ふざけた企画とわかった上で作っているようだ。『ゴジラ FINAL WARS』(2004)を彷彿させる。どうせなら最初からふざけて作ってほしかった。

貞子は日本を代表するモンスターになってしまったようだ。ジェイソンやフレディがコメディタッチになったのと同じで、こういう映画が作られるのは喜ばしいこと、誇らしいことかもしれない。


 Googleで「貞子 3D」を検索する
 Wikipediaで「貞子 3D」を検索する
 IMDBで「Sadako 3D」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B008O0YOFK
思考回廊 レビュー
貞子 3D