[Edit]
[レビュー2014年06月28日に発表された 

呪怨 終わりの始まり

Ju-On: The Beginning of the End

すでに終わってた

「呪怨」シリーズはビデオ版からハリウッド版まで全部見てるけど、もっともつまらなかった。佐々木希のシャワーシーンが唯一の見どころだが、あまりに遅く、あまりに短い。本当にそれだけ。
やってることはビデオ版(2000年)と同じ。ホラー演出はむしろ劣化して、大きな音にびっくりするだけ。登場人物が無抵抗に惨殺されていくのは、まるっきりコメディ。むしろコメディ路線を狙うべきだった。

「終わりの始まり」という副題も痛い。そもそも呪怨シリーズに謎やテーマなどなく、また本作で決着がつくわけでもない。今後のシリーズ展開に意図があるようにも見えない。中途半端な映画の言い訳だろうか。

日本国民が選ぶ「最も怖い映画シリーズ」堂々1位──などと宣伝されたけど、どこの日本人が選んだのだろう? 本当につまらなかった。

リングと呪怨
リング (貞子) 映画
ハリウッド
呪怨 (伽椰子) ビデオ
映画
アメリカ制作
ゲーム
クロスオーバー

Share

Next