[Edit]
[レビュー2015年06月20日に発表された 

呪怨 ザ・ファイナル

Juon: The Final

終わったねえ

「終わりの始まり」の翌年に「ファイナル」が来るとは思わなかった。まぁ、ホラー映画の「ファイナル」に大きな意味はないし、内容もファイナルじゃなかったけど。「終わりの始まり」の続編になっているから、連続した副題にすればよかったのに、そこまで考えてなかったんだろうな。
本作上映の3ヶ月後、制作会社のオズが破産したことで、まごうことなき「ファイナル」となった。しかし資金繰りが悪化した制作会社が、一発逆転を狙った最後の1本という気合は感じない。こんな駄作を量産するようじゃ、破産するのも無理ないか。

怪奇現象に遭遇した女性が悲鳴を上げて、へたり込み、なすがままに殺されるパターンは、もううんざり。ショックを受けた瞬間に時間や場所が飛ぶのも、興ざめ。ジャパニーズ・ホラーともてはやされる時代は終わった。制作者は手抜きをせず、恐怖について考えなおした方がいい。

リングと呪怨
リング (貞子) 映画
ハリウッド
呪怨 (伽椰子) ビデオ
映画
アメリカ制作
ゲーム
クロスオーバー

Share

Next