[Edit]
[レビュー1981年10月03日に発表された 

悪霊島 (鹿賀丈史)

Akuryoutou

いろいろ外している

むかしテレビで見たけど意味がわからず、2013年に見なおしたが、やっぱりわからなかった。事件のカラクリはわかる。ミステリーと言えるほどの謎も推理もない。例によって金田一耕助(鹿賀丈史)は役に立たないが、これは芸風だ。わからないのは、三津木五郎(古尾谷雅人)がキーマンになっていることだ。

三津木は事件にほとんど関与してない。11年経って思い返す哀愁もないだろう。シンボリックに流れる「Let It Be」や「Get Back」は、旧家は放っておけと言う意味か、世の風潮に逆らうなと言う意味か。ヒッピーの三津木がどう思ったところで関係ないか。

巴御寮人(岩下志麻)の狂態はすごいけど、一人芝居で浮いている。ヒロインである真帆、片帆(岸本加世子)に対抗してもらいたいが、片帆はすぐ死んじゃうし、真帆の出番は少なすぎる。事件の黒幕である刑部大膳(佐分利信)も、ただ狂っているだけで、血族を愛してきた男の悲哀が感じられない。
各人の演技は悪くないのに、演出が噛み合わない。もったいない。

原作を忠実に映像化するのは無理だろうけど、もう少し整理できたはず。残念な映画化だった。

金田一耕助
石坂浩二
渥美清
古谷一行
  • 名探偵・金田一耕助シリーズ
  • 1.本陣殺人事件(1983)
  • 2.ミイラの花嫁(1983)
  • 3.獄門岩の首(1984)
  • 4.霧の山荘(1985)
  • 5.死仮面(1986)
  • 6.香水心中(1987)
  • 7.不死蝶(1988)
  • 8.殺人鬼(1988)
  • 9.死神の矢(1989)
  • 10.薔薇王(1989)
  • 11.悪魔の手毬唄(1990)
  • 12.魔女の旋律(1991)
  • 13.八つ墓村(1991)
  • 14.悪魔が来りて笛を吹く(1992)
  • 15.女怪(1992)
  • 16.病院坂の首縊りの家(1992)
  • 17.三つ首塔(1993)
  • 18.迷路の花嫁(1993)
  • 19.女王蜂(1994)
  • 20.悪魔の唇(1994)
  • 21.悪魔の花嫁(1994)
  • 22.呪われた湖(1996)
  • 23.黒い羽根の呪い(1996)
  • 24.幽霊座(1997)
  • 25.獄門島
  • 26.悪魔の仮面(1998)
  • 27.悪霊島
  • 28.トランプ台上の首(2000)
  • 29.水神村伝説殺人事件(2002)
  • 30.人面瘡(2003)
  • 31.白蝋の死美人(2004)
  • 32.神隠し真珠郎(2005)
鹿賀丈史
豊川悦司
上川隆也
稲垣吾郎

Share

Next