レビュー  2004年10月13日  に発表された 

相棒 Season 3 (全19話)
Aibou Season 3

3ツ星

やや失速を感じる

特命係を受け入れた亀山。以前ほどキツイことを言わなくなった右京。人情と理性がコンビを組んで、タイトルが示すとおりの世界観が確立されたわけだが......ドラマのおもしろさは後退した。トリックや展開が強引すぎる。『双頭の悪魔(1,2,3)』は4時間、『女優(4,5)』と『潜入捜査(6)』は2時間もかけたのに、盛り上がらない。おもしろかったのは時効の是非を問う『ありふれた殺人(11)』と、警察組織の腐敗に切り込んだ『警官殺し(13)』。『異形の寺(19)』は高橋由美子がかわいかった。

シーズン3最大のインパクトは、美和子が亀山を捨てたこと。しかし破局以上に戸惑うのは美和子のあいまいな態度。結婚というゴールが見えない同棲生活に疲れたのだろうか。美和子の心情も理解できなくもないが、推理ドラマには不似合いなプロットだ。『相棒』は短いコメディ要素を挿入することで、ドラマのおもしろさを高めている。しかし亀山と美和子の関係は、サイドストーリーにしては重すぎる。

と、2010年の視点ではそう思うが、当時はこういう方向性だったのだろう。


 Googleで「相棒 Season 3 」を検索する
 Wikipediaで「相棒 Season 3 」を検索する
 IMDBで「Aibou Season 3」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000RCRGIK
思考回廊 レビュー
相棒 Season 3 (全19話)