[Edit]
[レビュー2006年10月11日に発表された 

相棒 Season 5 (全21話)

Aibou Season 5

キャラが見えてきて、さらにおもしろくなった

第4シーズンから見はじめ、話数を重ねたことで、いろんなものが見えてきた。右京と亀山の関係も、なんとなく理解できる。明確に表現されずとも、こうして少しずつ見えてくるのは素晴らしい。シリーズ全体を通して世界観が確立されているからだ。

第7話「剣聖」では伊丹の、第15話「裏切者」では小野田の人柄がちらりと見えてよかった。第13話「Wの悲喜劇」や第17話「女王の宮殿」のように、日常から事件に遭遇するエピソードもいいね。第19話「殺人シネマ」では登場人物たちの掛け合いを大いに楽しんだ。そして最終話「サザンカの咲く頃」は圧巻だった。

それにしても右京はおもしろい。きわめて理性的なのに、感情を爆発させることがある。心を見透かすように推理しながらも、細かな機微を見落とす。元妻・たまきさんの存在も大きい。これまでなかったタイプの名探偵だ。


Share

Next