[Edit]
[レビュー2014年04月26日に発表された 

相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ

Aibou: The Movie III

悲しくなるほどチープ

いいところを探すのが難しいほどの駄作。トリックらしいトリックもなく、「馬に蹴られて死亡」の真偽はどうでもよくなる。興味は鳳凰島の民兵たちの目的に向くけど、これまた穴だらけの計画で泣ける。
あるかどうかわからないバイオテロに報復するため天然痘を秘匿するなんて、理解できない。そんな連中とまじめに向き合うことで、右京も格を落としている。くだらない。こんな映画を「巨大密室」とか「史上最高密度を誇る極上のミステリー」と宣伝するのは詐欺に等しい。4作目の映画があるかどうか知らないが、確実に期待値は下がったね。

相棒シリーズはパワーダウンがいちじるしい。なにか企画段階に構造的欠陥があるように思う。


Share

Next