レビュー  2010年10月20日  に発表された 

相棒 season 9 (全18話)
Aibou season 9

5ツ星

毎週の楽しみ

『相棒』もついに10周年。長寿の秘訣はドラマやキャラクター造形もさることながら、シリーズ構成の妙が挙げられるだろう。言い換えれば、マンネリ化しないよう趣向を凝らしている。シーズン9はあいだに映画が挟まれており、その導入部(第9話)と余波(第16話)を織り交ぜて、最終回でネタバレする。私はまだ映画を見てないが、劇場に足を運ばなかったことを悔やんでしまった。うまいやり方だ。

視聴時間とシンクロさせた第7話「9時から10時まで」、小芝居が楽しめる第12話「招かれざる客」、犯罪そのものは単純な第16話「監察対象 杉下右京」は事件そのものより、ドラマの構成がよかった。社会問題に切り込むスタイルも健在で、第4話「過渡期」では時効撤廃、第8話「ボーダーライン」ではワーキングプア、第13話「通報者」では生活保護の問題点が取り上げられた。

第10話(元旦スペシャル)「聖戦」に登場した爆弾魔の奥様(南果歩)が印象的。もはや復讐ではなく、楽しんでやっているのは明らか。ゆえに右京の説得で矛を収めるのは奇妙だが、まぁ、「息子も人生を楽しめって言ってくれたわ!」と絶叫したら、正月スペシャルにならないか。

 Googleで「相棒 season 9 」を検索する
 Wikipediaで「相棒 season 9 」を検索する
 IMDBで「Aibou season 9」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B003YUBDMW
思考回廊 レビュー
相棒 season 9 (全18話)