[Edit]
[レビュー2013年10月16日に発表された 

相棒 season 12 (全19話)

Aibou season 12

甲斐くんは相棒になってない

亀山は事件に向き合い、右京を警戒する期間が長かった。
神戸は事件より右京を観察し、右京に無視されることが多かった。
前任2人に比べ、甲斐くんは個性がない。相棒というより助手だ。映えるのは父親がらみのエピソードばかり。

  1. ビリーバー ... 犯行におよぶ前から潜入捜査された犯人があわれ。甲斐パパは株を上げた。三浦刑事のリタイアは驚き。オープニングとして文句なし。
  2. 殺人の定理 ... 事件の規模に対し、仕掛けが大きすぎる。ファーガスの定理を解いたら、実刑もぶっとぶ。『NUMB3RS』のように、不完全な解法にすべきだった。
  3. 原因菌 ... 殺人より食中毒が気になるが、そこはテーマじゃなかった。
  4. 別れのダンス ... ダンスの動きまで記憶し、再現できるのか。
  5. エントリーシート ... 背景はおもしろいが、事件はつまらなかった。
  6. 右京の腕時計 ... トリックはおもしろいが、ドラマはいまひとつ。
  7. 目撃証言 ... 犯人ではなく、目撃者から都合のいい証言を引き出す構図は恐ろしい。しかし犯罪は単純で、問題が隠れてしまった。
  8. 最後の淑女 ... 岩下志麻の接待スペシャル。甲斐パパを持ち上げるのは和解への布石か?
  9. かもめが死んだ日 ... カイトの初恋を絡めているが、あんがいストレートな話。死体を探すため、右京さんが橋を破壊するところを見たかった。
  10. ボマー ... 正月SP。いろんな作品を混ぜあわせた感じ。後半は展開が読めてしまうが、どんでん返しはおもしろかった。婦警さんのレギュラー入りを希望。
  11. デイドリーム ... 陣川くん登場。荒唐無稽すぎる。ふざけすぎ。
  12. 崖っぷちの女 ... 不倫を装うってのは巧妙だ。右京の人間ドッグ結果が気になる。
  13. 右京さんの友達 ... 今期のベスト。ラストでK君の存在意義が生じた。
  14. ... 設定も展開も無理がある。整形外科医の人物像がステレオタイプ。
  15. 見知らぬ共犯者 ... トリックは陳腐だがタイトルは秀逸。有村や娘を追い詰めた社会は断罪されのはリアルだが、ストレスが残る。有村と共犯者との秘められた関係もよかった。
  16. 聞きすぎた男 ... 不自然なエピソード。GPSレシーバーに気づくとは。
  17. ヒーロー ... できすぎた偶然というなら、刑事がたまたま火災現場に居合わせることも不審だ。
  18. 待ちぼうけ ... イタミンの遅れた推理がおもしろい。後半は失速。
  19. プロテクト ... 犯人が馬鹿すぎて萎えた。

趣向を凝らした話が減っている。劇場版もつまらん。次のシーズンあたりで右京さんが死にそう。


Share