レビュー  2012年10月10日  に発表された 

相棒 Season 11 (全19話)
Aibou Season 11

4ツ星

息子は鍛えるが、父親とは距離を置く

3代目相棒は甲斐享ことカイトくん。相棒と言うより師弟のようだが、これはこれで悪くない。亀山より小まめに働き、神戸より視聴者に近い。右京さんがカイトくんを新相棒に指名した理由は最終回で明らかになる。かたやポスト小野田の甲斐峯秋から距離を置いていた理由は納得できる。なるほど息子は自分より他人を、父親は他人より自分を優先していたのか。最終回でぐぐっと評価が高まった。

しかしシーズン中はだるかった。とりわけ前後編の即身仏エピソードは気持ち悪い。もう駄目かと思ったけど、ラスト2話で盛り返した。相変わらずシリーズ構成がうまい。

  1. 聖域 ... 銃声の間隔。ちゃんと聞いていたはずなのに。
  2. オークション ... けっこう安っぽい犯罪だった。
  3. ゴールデンボーイ ... なにもできなかったことを忘れずにいる。
  4. バーター ... 父親は典型的な悪徳官僚だった。
  5. ID ... ウソっぽい話が本当だった。
  6. 交番巡査・甲斐享 ... 右京さんがきちっと指導してる。
  7. 幽霊屋敷 ... 恒例の幽霊エピソード。
  8. 棋風 ... 真相がチープすぎる。泣ける。
  9. 森の中(前編) ... なんて都合のいい記憶喪失。
  10. 猛き祈り(後編) ... 異常者たちが気持ち悪い。
  11. 元日スペシャル アリス ... 最後のファンタジーに驚き。
  12. オフレコ ... イタミンが特命係に染まらないところがいい。
  13. 幸福な王子 ... 慣れないことはするものじゃない。
  14. バレンタイン計画 ... 学園モノを期待したけど、ちがった。
  15. 同窓会 ... 先生が右京を巻き込んだことに理由がなかったなんて。
  16. シンデレラの靴 ... 本人が知らないところでドーピングされる恐怖。
  17. ビリー ... 映画宣伝。SNSを使った事件はまずまず。
  18. BIRTHDAY ... 右京さんの念願が叶ったのに!
  19. 酒壺の蛇 ... 官僚は怖い。友だちがいないから、こうなったのか。

甲斐峯秋はとびきり優秀だが、いっしょに食事ができる友がいないようだ。右京が小野田との食事を楽しんでいたことがわかって、ほっこりした。仕事の相棒は差し替えられても、食事の相棒はそうそう変えられないのだ。


 Googleで「相棒 Season 11 」を検索する
 Wikipediaで「相棒 Season 11 」を検索する
 IMDBで「Aibou Season 11」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B009URKBAS
思考回廊 レビュー
相棒 Season 11 (全19話)