レビュー  2008年10月22日  に発表された 

相棒 Season 7 (全19話)
Aibou Season 7

3ツ星

「相棒」の存在意義は?

亀山薫の退場で、なにが変わっただろう。右京の推理が外れたり、暴走することもない。いろんな人とコンビを組んだけど、誰とでも、それなりにやれている。特命係における亀山薫の存在意義はなんだったのか?

ストーリードラマとして考えると、亀山がいなくなったことで杉下は不調になるべきだし、回復には多くのステップを要するはずだ。しかし本作は1話完結のドラマだから、そこまでストーリー性は求められていないのかもしれない。

ドラマ各話に目を向けると、政治色が強くなった。嫌いじゃないけど、やや強すぎる。そのせいか、本シーズン最終話「特命」は小粒な事件だったけど、これはこれでチグハグな感じ。第11話「越境捜査」は、久々に満足できるトリックだった。ネットの暴走を題材にした第18話「悪意の行方」もいいね。第16話「髪を切られた女」のように、重大でない事件に隠された人間ドラマもしみる。

神戸尊はどのような相棒になるのだろう?
悲しいけど、亀山薫は過去のキャラとなってしまった。


 Googleで「相棒 Season 7 」を検索する
 Wikipediaで「相棒 Season 7 」を検索する
 IMDBで「Aibou Season 7」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001GXR0XU
思考回廊 レビュー
相棒 Season 7 (全19話)