旅行  2007年11月09日(金) の福島県 にて

嘉永蔵 末廣クラシックカメラ博物館 / コレクターの終着点

(map)

[WGS84] 37.497865, 139.923361 - Google Earthで開く(kml)

ホテルに帰る前に、末廣嘉永蔵の「クラシックカメラ博物館」を見ていこう。

きのう、酒蔵見学したときには見ることができなかったからね。私は一眼レフユーザーだが、クラッシックカメラに興味があるわけじゃない。たまさかホテルから近いので、帰り道に立ち寄った次第。入場料は300円。

あなたが死んだら、このカメラはどうするの?

末廣酒造の主人がカメラを集めたわけではなく、篠原慈昆(昭市)氏のコレクションなんだって。20年にわたってカメラを収集してきた篠原氏は、奥さんから「あなたが死んだら、このカメラはどうするの?」と問われ、博物館に寄贈することを考えたらしい。しかし実際に寄贈すると莫大な贈与税がかかることから、末廣酒造は場所を提供するのみだとか。
なるほどマニアも大変だなぁ。

末廣クラシックカメラ博物館
※博物館は蔵の中にある

末廣クラシックカメラ博物館
※500点ものカメラ

よく集めたもんだ

カメラで撮った「写真」よりも、「カメラ」という道具そのものを愛してしまったということが、非常によくわかる。とにかく「カメラ」と名の付くものは片っ端から集めているようだ。いったい、どれほどの金がかかっただろう? 中古で集めたと書いてはあるが、想像するのも恐ろしい量だ。

末廣クラシックカメラ博物館
※アンティークとしての魅力はある

末廣クラシックカメラ博物館
※カメラだったら、なんでもいいみたい

末廣クラシックカメラ博物館
※レンズに魅せられる

末廣クラシックカメラ博物館
※のぞいてみる

末廣クラシックカメラ博物館
※ちゃんと使えそうだ

あんまり長居しない方がいい

せっかくなので、1つずつ見ていったが、だんだん妙な気分になってきた。似たものが大量に並んでいるせいか、それらが目(レンズ)をもっているせいか。嫁はさっさと出てしまっていたが、ほどなく私もあとを追った。

■末廣クラシックカメラ博物館
[場所] 会津若松市日新町12-38
[料金] 300円
[電話] 0242-27-0002
[URL] http://aizucam.hp.infoseek.co.jp/

マニアの世界は奥が深い。
深淵をのぞくときは、本当に注意しないとね。


コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
嘉永蔵 末廣クラシックカメラ博物館 / コレクターの終着点