ピクサー・ショート・フィルム Pixar Short Films

2008年 外国映画 4ツ星 ファンタジー:童話 短編映画 @ディズニー:ピクサー

ピクサーが熟成していく課程を楽しめる

1984年から2006年までに発表されたピクサーの短編アニメーション13本のセット。初期の作品はストーリーより技術試験といった印象が強いが、だんだん練り込まれていって、ストーリーを楽しめるようになっていく。表現力が豊かになっていく過程を、ショートムービーで確認できるのはおもしろい。

アンドレとウォーリーB の冒険 - The Adventures Of Andre And Wally B (1984)

モデリングが簡単で、すごい初期の作品だとわかる。時間も短く、おもしろみはない。

ルクソーJr - Luxo Jr (1986)

ロゴマークになったスタンドが登場。顔がないので、いい感じ。ストーリー性は希薄。

レッズ・ドリーム - Reds Dream (1987)

ピエロはやや不気味。一輪車の方がかわいい。サドルとペダルで感情を表現したのは見事。ラストは物寂しい。

ティン・トイ - Tin Toy (1988)

トイ・ストーリーで実証済みだが、3Dとおもちゃの相性はいい。しかし赤ん坊は不気味すぎる。

ニックナック - Knick Knack (1989)

ついにロゴが! ここがトイ・ストーリーの6年前。モデリングはまだ単純だが、監督のやりたいことが見えてきた。

ゲーリーじいさんのチェス - Geris Game (1997)

台詞なしで見事な演出。表情も豊かになって、いい感じ。しかも、おもしろい。

フォー・ザ・バーズ - For The Birds (2000)

質感が向上したが、内容はいまいち。

マイクとサリーの新車でGO! - Mikes New Car (2002)

『モンスターズ・インク』より。サリーが小さく見える。映画のダイナミックさを思うと、じつに物足りない。

バウンディン - Boundin (2003)

毛を刈られた羊が異星人のようだ。表現力は格段に進歩したが、これ以上のリアルさは好ましくないかも。ストーリーはシュールで、小気味いいが、楽しいと言えるほどじゃない。

ジャック・ジャック・アタック! - Jack-Jack Attack (2005)

『Mr.インクレディブル』より。ベビーシッターの表情が驚くほど豊かで、魅せられる。歯の矯正具など、妙なところでリアルというか、あえて、かわいらしさを抑える演出がいい。

ワン・マン・バンド - One Man Band (2005)

十分に技術がこなれてきた。ストーリー性もあり、やるせない楽しみがある。ラストは予想外。

メーターと恐怖の火の玉 - Mater And The Ghostlight (2006)

『カーズ』より。映画の一部を抜き出したような。写り込みや蛍光灯の灯りは猛烈にリアルだが、おもしろみはない。

リフテッド - Lifted (2006)

おもしろい! 最初から最後まで、文句なく楽しめる。CGであることを意識させない表現力。CG映画もここまで来たか!!

13本を連続してみたとき、私は1つの映像表現が生まれた時代に居合わせたことを実感した。おもしろかった。

関連エントリー

2008年 外国映画 4ツ星 ファンタジー:童話 短編映画 @ディズニー:ピクサー
バーニー / BURN-E (7分)

バーニー / BURN-E (7分)

BURN-E
2008年の外国映画 ★4

感情表現がうまい。 『ウォーリー』のスピンオフ短編。修理ロボットBURN-Eの苦難を描く。 見どころはSUPPLY-Rの態度。2度目はトーチをすぐ手渡さず、3度目はポンと投げ捨てる (...)

猫とピットブル/キットブル (9分)

猫とピットブル/キットブル (9分)

Kitbull
2019年の外国映画 ★2

偶然によるハッピーエンドは萎える。 ピクサー異例の手書きアニメ。キャラクターデザイン、動き、アングルは素晴らしい。セリフはなくとも状況がわかるし、情感も伝わる。 しかし「おもしろい (...)

Borrowed Time (7分)

Borrowed Time (7分)

Borrowed Time
2016年の外国映画 ★3

原作を見つけるべし ピクサーの2人のアニメーターが仕事のあいまに作った短編。デフォルメされた人物造形と、風にそよぐ髪の毛のリアルさのギャップが、ピクサーらしい空気を醸し出している。 (...)

インサイド・ヘッド

インサイド・ヘッド

Inside Out
2015年の外国映画 ★4

自分と他人を理解するために はじめは『インサイド・ベッド』と読んで、寝床の中──すなわち夢の話と思っていた。映画を見る直前、『インサイド・ヘッド』と気づいたが、鑑賞後、原題が『In (...)

トイ・ストーリー・オブ・テラー

トイ・ストーリー・オブ・テラー

Toy Story of Terror!
2013年の外国映画 ★4

いい仕事してるぜ ちゃんとボニーに引き取られてからの後日談なのがうれしい。物語の縦糸(アクション)はモーテルからの脱出、横糸(ドラマ)はジュディの成長である。このあたりは特典映像で (...)

メリダとおそろしの森

メリダとおそろしの森

Brave
2012年の外国映画 ★4

メリダではなく、母親の成長を描いた物語 ファンタジーの定石を外し、迷走しているようにしか見えないのに、不思議とおもしろい。譜面のない即興演奏のようだ。 メリダは結婚をいやがるが、ほ (...)

ページ先頭へ