レビュー  2010年06月18日  に発表された 

トイ・ストーリー3
Toy Story 3

5ツ星

ついに「その時」が来た

1作目から15年が経過しているが、10年後という設定。大学生になったアンディは、オモチャを卒業することに。最後まで手元に残されたのはウッディだった。この選択が強烈で、ずっと頭から離れなかった。
2作目を見たときは、3作目は作れないと思ったが、浅はかだった。別れの時が来ることは1作目から予測されていたではないか。当面の危機をかいくぐりつつ、行くあてのない現実が重くのし掛かる。ゴミ焼却場で手をつなぐシーンは思わず泣けてしまった。

あぁ、おもしろかった。
鑑賞後、1作目、2作目を見直して、さらに感動が深まった。いい経験ができたと思う。

 Googleで「トイ・ストーリー3」を検索する
 Wikipediaで「トイ・ストーリー3」を検索する
 IMDBで「Toy Story 3」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0041I631C
思考回廊 レビュー
トイ・ストーリー3