インサイド・ヘッド Inside Out

2015年 外国映画 4ツ星 ファンタジー:童話 @ディズニー:ピクサー

自分と他人を理解するために

はじめは『インサイド・ベッド』と読んで、寝床の中──すなわち夢の話と思っていた。映画を見る直前、『インサイド・ヘッド』と気づいたが、鑑賞後、原題が『Inside Out』とわかって愕然となった。
直訳して「裏返し」。よかれと思ったことが状況を悪化させ、最悪と思われたカナシミがブレイクスルーになる。5つの感情がライリーを操作しているように見えるが、彼らのバランスこそがライリーである。表と裏があるように見えて、じつは一体のもの。それが「こころ」なのだ。そう考えると納得できる。
『インサイド・ヘッド』はしっくりこない邦題だが、妙案もないか。

はてさて本編だが、ドラマらしいドラマはない。「パンツを履き忘れた夢」とか、「事実と意見は見分けがつかない」とか、「奈落に落ちたら消える」とか、「感情は辞められない」とか、「脈略なくCMソングを思い出す」とか、とにかく設定のアイデアがおもしろい。ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリの5分割も秀逸。うち1人がリーダーになって気質が決まることも納得できる。デザインや演出も素晴らしく、たとえばヨロコビはつねに浮き足立っていて、楽観的な性質が見てわかる。ほんと、センスがいい。

これほど特殊で、複雑な世界観を、順序よく見せることが、この映画のすべてだ。ライリーは複雑な感情を得ることで成長するが、それはドラマではなく、1つの事例でしかない。
この映画を見ることで、「こころ」を理解しやすくなるだろう。他人を理解できるし、自分を理解できる。自分の感情を大切にするだろう。
また感情がもたらす効果は、印象と一致しない。たとえばイカリが優しさを、ビビリが勇気を、ムカムカが尊敬されることもあるだろう。応用の幅が広い。

いわゆる童話ではないが、多くの子どもたちに見てほしい1本である。

関連エントリー

2015年 外国映画 4ツ星 ファンタジー:童話 @ディズニー:ピクサー
トイ・ストーリー・オブ・テラー

トイ・ストーリー・オブ・テラー

Toy Story of Terror!
2013年の外国映画 ★4

いい仕事してるぜ ちゃんとボニーに引き取られてからの後日談なのがうれしい。物語の縦糸(アクション)はモーテルからの脱出、横糸(ドラマ)はジュディの成長である。このあたりは特典映像で (...)

メリダとおそろしの森

メリダとおそろしの森

Brave
2012年の外国映画 ★4

メリダではなく、母親の成長を描いた物語 ファンタジーの定石を外し、迷走しているようにしか見えないのに、不思議とおもしろい。譜面のない即興演奏のようだ。 メリダは結婚をいやがるが、ほ (...)

トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー3

Toy Story 3
2010年の外国映画 ★5

ついに「その時」が来た 1作目から15年が経過しているが、10年後という設定。大学生になったアンディは、オモチャを卒業することに。最後まで手元に残されたのはウッディだった。この選択 (...)

ピクサー・ショート・フィルム

ピクサー・ショート・フィルム

Pixar Short Films
2008年の外国映画 ★4

ピクサーが熟成していく課程を楽しめる 1984年から2006年までに発表されたピクサーの短編アニメーション13本のセット。初期の作品はストーリーより技術試験といった印象が強いが、だ (...)

トイ・ストーリー2

トイ・ストーリー2

Toy Story 2
1999年の外国映画 ★5

トイ・ストーリーに「完成」はない ウッディのプレミアム価値が判明し、オモチャとしてのアイデンティティが揺らぐ。そんな中、たよりになるのは、前作で頭コチコチだったバズだ。あの冒険を経 (...)

トイ・ストーリー

トイ・ストーリー

Toy Story
1995年の外国映画 ★5

こんなにも夢のあるストーリーを作れるなんて なによりオモチャに着眼したコンセプトが素晴らしい! ポリゴンの不自然さが払拭され、実際のオモチャ販売にもつながった。もちろん、ストーリー (...)

ページ先頭へ