レビュー  2009年11月17日  に発表された 

バイオハザード / ダークサイド・クロニクルズ (Wii)
Resident Evil: The Darkside Chronicles

3ツ星

必要十分なのに、物足りない

悪くはない。悪くはないんだけど、物足りない。なんと言っても短い。実際は百時間ちかくプレイしてたけど、あっという間に終わってしまった印象がある。武器強化とアイテム収集のため何周もしたけど、モンスターの出現パターンは同じ。ムービーはスキップできるが、次のモンスターまでの待ち時間はスキップできないから、すっかり緊張がゆるんでしまう。モンスターの数や種類、出現位置がランダムで変わるとおもしろかったのに。

クラウザーが闇に没した経緯を描いたのはよかった。シークレットの豆腐サバイバルもおもしろい。ゲームとして悪いところはない。むしろ細かいところまで、よく作り込んである。しかし物足りない。ここまで作り込んで、この値段をとるなら、もうちょい工夫できたはず。なんて思ってしまうのは、消費者の身勝手なんだろうな。


 Googleで「バイオハザード / ダークサイド・クロニクルズ 」を検索する
 Wikipediaで「バイオハザード / ダークサイド・クロニクルズ 」を検索する
 IMDBで「Resident Evil: The Darkside Chronicles」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0033WTK4E
思考回廊 レビュー
バイオハザード / ダークサイド・クロニクルズ (Wii)