[Edit]
[レビュー2007年12月06日に発表された 

バイオハザード III (映画)

Resident Evil: Extinction

同人レベル

作るたびに質を落としてきたバイオハザード。3作目は「原作を飛び越えたオリジナル展開」ではあるものの、不連続で、安っぽく、しかも消化不良だ。覚悟していたつもりだが、ここまで駄目とは思わなかった。

もっとも不可解なのは量産型アリス。有能な人間を量産できるなら、わざわざゾンビを飼い慣らす必要もない。わけがわからない。

どっかで見たようなシーンの寄せ集めで、オリジナリティも整合性もない。これは跳ねっ返りの監督による二次創作だと思いたい。

デッドライジング
本編
リベレーションズ
派生作品
映像作品・ほか
実写映画

Share

Next