[Edit]
[レビュー1994年12月30日に発表された 

仮面ライダーJ

Kamen Rider J

うーん。やっぱりチガウよ、これ

『ZO』の興奮が残っていたし、雨宮監督によせる信頼は高かった。だから、『J』にも期待したし、好意的に解釈したいと思う。

──でも、やっぱりチガウよ。

しかしまぁ、雨宮監督でよかったとは思う。ほかの監督なら、もっと無惨な結果になっていただろうから。
「もし仮面ライダーが巨大化していたら?」という考えは、2号ライダーの登場以来ずっと残されていた。しかしこれでもう必要ないと証明された。ライダーはライダー。等身大ヒーローであればいい。

『ZO』の続編でなかったのは残念だが、加那ちゃん(野村佑香)は可愛かった。


Share

Next