[Edit]
[レビュー2013年10月30日に発表された 

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

Thor: The Dark World

異世界が舞台じゃただのファンタジー

現代アメリカで、甲冑を着た青年がハンマーを振り回すところに、『マイティ・ソー』の魅力がある。なので異世界でダークエルフと戦っちゃうと、ただのファンタジーでしかない。背景が摩天楼だと、めっちゃ興奮するが、それがクライマックスでないのは惜しい。

ソーとロキが協力する展開はいいね。いつ裏切るか、ハラハラしながら見てた。ジェーンはときどき魅力的だが、ファンタジーワールドの神2柱を手玉に取るほどじゃない。人間の発明品が有効なのも、ちょっと不自然。うまく絡めてない。

例によって映像はいいが、状況説明が足りず、そのステージにおける目的を見失う。このあたり、どうにかならんものか。


Share