機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY (全13話) Mobile Suit Gundam 0083: Stardust Memory

1991年 アニメ 5ツ星 #ガンダム ロボット 主人公は軍人 戦争

大儀なき者、それは私たち!

『機動戦士ガンダム』に感動した子どもたちが、大人になって、自分たちのために作った作品。子ども向けではないところがポイントだ。

主人公ウラキは組織の歯車として働く脳天気な青年。そんなウラキがガトーと出会い、星の屑作戦に巻き込まれながら成長していく。いや、ドロドロした社会への"順応"と言った方が近いか。
ウラキは戦う理由を見つけられず、八つ当たりのようにガトーにからむ。ラストではバスク艦隊(上司)に発砲してしまう。やるせない気持ちが痛いほどわかる。わかってしまう自分がイヤになる。子どもの頃はわからなかった。わかりたくなかった。

本シリーズ最大の難関は、ヒロイン・ニナであろう。OVAラストでウラキの元に笑顔で迎えるシーンは、多くのファンの精神をかき乱した。しかしそこで目くじらを立てちゃダメなんだ。あんな目に遭ってもウラキは軍を辞めず、不埒な女も受け入れている。
「あぁ、ウラキは大人になってしまった」
と思わせるラストだった。

機動戦士ガンダム / ガンダムシリーズ
1979
1980s
1990s
2000s
2010s
海外制作
ゲーム

関連エントリー

1991年 アニメ 5ツ星 #ガンダム ロボット 主人公は軍人 戦争
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編 自由の代償

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編 自由の代償

Mobile Suit Gundam SEED DESTINY Movie IV - The Cost of Freedom
2007年のアニメ ★3

まさか主人公陣営が敗北するとは! 終わりよければすべてよし。最後の最後でシンは悔い改めるだろう。そう思っていたので、ラストは衝撃的だった。自説を曲げず、現実を受け入れず、おまけに敗 (...)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火

Mobile Suit Gundam SEED DESTINY Movie III - The Hell Fire of Destiny
2006年のアニメ ★2

物語の全貌は見えてきたが PHASE-29から42の総集編。黒幕の存在が明らかになり、戦争勃発の意図が見えはじめる。しかし興奮は高まらない。コーディネイターとナチュラルの対立という (...)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣

Mobile Suit Gundam SEED DESTINY Movie II - Respective Swords
2006年のアニメ ★1

これほど駄目だったとは PHASE-14から28までの総集編。つけあがるシンに苛立ちがつのる。おまけに致命的な殺傷行為が多い。多すぎる。なんでこんなのを主人公に据えたんだろう? 一 (...)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション 砕かれた世界

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション 砕かれた世界

Mobile Suit Gundam SEED DESTINY Movie I - The Shattered World
2006年のアニメ ★1

これ、おもしろくなるの? PHASE-01から13までの総集編。新主人公、シン・アスカの身勝手さに辟易する。ただの高校生なら若さゆえの無鉄砲だが、鉄砲をもった兵士なので許容できない (...)

機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート

機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート

Mobile Suit Gundam The 08th MS Team Miliers Report
1998年のアニメ ★2

時期を外して楽しめるものじゃない 2011年に鑑賞。久々に見るアイナはかわいかった。軍を捨てる価値があるよ。08小隊シリーズ全体の総集編と思っていたが、クライマックス直前で切れちゃ (...)

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別編

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別編

Mobile Suit Gundam Wing: Endless Waltz Special Edition
1998年のアニメ ★4

ここに極まれり OVAを再編集して劇場版を作ると、ダイジェストのようなものなりがちだが、本作はちがう。OVAよりカットが増えて、展開もわかりやすくなっている。むしろ、OVAがアーリ (...)

ページ先頭へ