レビュー  2006年03月04日  に発表された 

機動戦士ΖガンダムIII A New Translation 星の鼓動は愛
Mobile Suit Z Gundam III - Love is the Pulse of the Stars

1ツ星

見るんじゃなかった

『新訳』3部作は、テレビシリーズと異なるエンディングが見られると宣伝されていた。確かに違うけど、人が駆け込むように死んでいくことや、女たちの怨念が渦巻く展開は同じ。そのくせカミーユだけは生き残り、ちゃっかり恋を成就するのだから、テレビシリーズ以上におぞましい。それこそ女たちを戦争に利用しただけじゃないか。

地球圏の秩序構築、スペースノイドの解放、ザビ家の再興、優良人種による支配......。さまざまなポリシーが描かれたが、結局、より多くの死霊に好かれたカミーユが勝利を収めたのだった。

 Googleで「機動戦士ΖガンダムIII A New Translation 星の鼓動は愛」を検索する
 Wikipediaで「機動戦士ΖガンダムIII A New Translation 星の鼓動は愛」を検索する
 IMDBで「Mobile Suit Z Gundam III - Love is the Pulse of the Stars」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000ELGLD0
思考回廊 レビュー
機動戦士ΖガンダムIII A New Translation 星の鼓動は愛