レビュー  2010年09月18日  に発表された 

劇場版 機動戦士ガンダム00 - A wakening of the Trailblazer -
Mobile Suit Gundam 00 - A wakening of the Trailblazer -

3ツ星

ガンダムであって、SFではなかった

あらすじ

西暦2314年。独立治安維持部隊「アロウズ」は解体されたが、差別や抑圧は消えることなく、人類はまだ1つになりきれずにいた。そんな中、130年前に廃船となった木星探査船「エウロパ」が地球圏に漂着する。地球への衝突を防ぐため、連邦軍のイノベイターであるデカルト・シャーマン大尉によって破壊される。しかしこれ以降、地球で怪事件が相次ぐ。
新たな戦いを予期したソレスタル・ビーイングは再結集する。時を同じくして、破壊されたエウロパが出現し、連邦軍と交戦状態になった。それは未知の金属生命体「ELS」の侵略だった。

地球外生命体との対話が反復をキーとすることは、SFの常識である。ELSが、連邦軍の攻撃をコミュニケーションと誤解していることは、中盤あたりで気がついた。おそらく同じように気づいた観客は多いだろう。なのに劇中の登場人物はだれも気づかない。「来るべき対話」をテーマにするソレスタルビーイングでさえ、その可能性を指摘せず、馬鹿みたいに攻撃していた。どうなってんの?
そもそも彼我の戦力差が10,000対1じゃ、戦闘にならない。津波にバケツで立ち向かうようなもの。いくら人類が戦争好きでも、あまりに愚かだ。連邦のイノベイター・デカルト少尉もなんのために登場させたのやら。わけがわからない。

妄想リメイク

私が期待したストーリーをまとめてみた。映画だけでなく、テレビシリーズ全体の設定にスジが通ったはず。ぜひ読んでほしい。

 Googleで「劇場版 機動戦士ガンダム00 - A wakening of the Trailblazer -」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 機動戦士ガンダム00 - A wakening of the Trailblazer -」を検索する
 IMDBで「Mobile Suit Gundam 00 - A wakening of the Trailblazer -」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B003YUBDP4
思考回廊 レビュー
劇場版 機動戦士ガンダム00 - A wakening of the Trailblazer -