レビュー  2006年10月08日  に発表された 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火
Mobile Suit Gundam SEED DESTINY Movie III - The Hell Fire of Destiny

2ツ星

物語の全貌は見えてきたが

PHASE-29から42の総集編。黒幕の存在が明らかになり、戦争勃発の意図が見えはじめる。しかし興奮は高まらない。コーディネイターとナチュラルの対立というSF設定の魅力も、若者たちの暴走に吹き飛ばされている。メインキャラクターには、戦争の意義とか、人類の未来は想像できないようだ。若者だけの戦争も不毛だった。

私はテレビシリーズを見ていないのだが、見た人に言わせると、戦闘シーンのダイジェストのような本作の方がわかりやすいそうだ。そんな話を聞いて、ますます気分が暗くなった。

 Googleで「機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火」を検索する
 Wikipediaで「機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火」を検索する
 IMDBで「Mobile Suit Gundam SEED DESTINY Movie III - The Hell Fire of Destiny」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000GDI4YK
思考回廊 レビュー
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火