レビュー  2016年01月01日  に発表された 

忌まわしき花嫁 / SHERLOCK シャーロック
SHERLOCK The Abominable Bride

3ツ星

シャーロキアンのための特別編

あらすじ

19世紀末、戦争から帰ったワトソンは、ホームズと共同生活をはじめ、伝記作家となる。
ある日、ベールをかぶったメアリーが訪ねてきて冒険にかまける夫に文句を言う。
そこへレストレード警部がやってきて、自殺した花嫁が複数の男に復讐する事件を話す。
モルグで死体を検証。モリーの苦労。捜査は保留。
後日、のろまなメイドに手を焼くワトソン。メアリーは暗躍中。
ディオゲネス・クラブでマイクロフトと面会。勝てない敵とは?
サー・ユースタスの屋敷で張り込み。護衛に失敗。
ふたたびディオゲネス・クラブ。会話が抽象的に。
マインドパレスでモリアーティ教授と再会。じつはジム。
気がつくと現代の飛行機内。これまでの物語は麻薬がもたらす幻覚だった。
ふたたび19世紀。メアリーの導きで敵の本拠地で真相把握。なぜかモリアーティが。
現代へ。リコレッティ夫人の墓を暴くが、これも幻覚。
気がつくとライヘンバッハの滝。モリアーティを落とし、自分も飛び込む。
現代に復帰。まだ飛行機の中。ヒントを掴んで捜査を再開。

なぜヴィクトリア朝時代のロンドンに舞台を移すのか? そこがずっと気がかりだった。インタビューによると、主演2人のスケジュールが過密で、特別編1本しか撮影できなかったらしいが、まぁ、これはシャーロキアンのための特別編だよね。正典(カノン)を知っているほど楽しめるが、大多数の視聴者は置いてけぼり。よくこんな企画を押し通したもんだ。

しかし「おもしろかった?」と問われれると、答えに窮する。夢オチを多重に使っているため、なに1つ確かなことがない。意味不明なシーン、演出も多く、すっきりしない。この特別編で『Sherlock』と正典を連結できたとも言えるが、裏を返せば本作はフィクションなのだと思い知らされ、興ざめした。おまけに掴んだヒントはシーズン4へ持ち越し。うまいと言えばうまいが、ずるいと言えばずるい。

おもしろかったけど、もやもやする特別編だった。


 Googleで「忌まわしき花嫁 / SHERLOCK シャーロック 」を検索する
 Wikipediaで「忌まわしき花嫁 / SHERLOCK シャーロック 」を検索する
 IMDBで「SHERLOCK The Abominable Bride」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B01FLUNPC8
思考回廊 レビュー
忌まわしき花嫁 / SHERLOCK シャーロック