レビュー  1984年12月30日  に発表された 

劇場版 名探偵ホームズ
Sherlock Hound the Movie

4ツ星

子どもの頃の夢が詰まった冒険活劇アニメ

『ナウシカ』の同時上映で見て、大いに楽しませてもらった。まずメカがいい。やたら馬力のあるホームズの自動車をはじめ、潜水艦、飛行艇、巨大戦艦など、武骨で夢のある乗り物がたくさん出てくる。当時、メカと言えばハイテク路線だったので、すごく印象的だった。そして動きがいい。モブの描き込みはすさまじい。数ばかりで無能な水兵さんの愛らしいことよ。戦艦の大砲が飛んでくるシーンは、一瞬なのに強く心に残った。ストーリーもわかりやすく、痛快だ。モロアッチ教授もどこか憎めない。テレビシリーズとして制作されたらしいが、劇場で見て大満足のクオリティだった。

あとで知ったことだが、権利問題でキャラ名の名前がちがっていたようだ(モリアーティ→モロアッチ、ハドソン→エリソン)。それとホームズの声優は柴田てる彦だった。広川太一郎の声に上書きされて、もう覚えていない。

やはり宮崎駿のセンスはすごい。キャラもメカもストーリーもばっちりだ。有名になってからは「興奮」より「感動」が追求されているけど、個人的にはまた宮崎メカを見たい。



 Googleで「劇場版 名探偵ホームズ」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 名探偵ホームズ」を検索する
 IMDBで「Sherlock Hound the Movie」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00143RIQG
思考回廊 レビュー
劇場版 名探偵ホームズ